トップへ » 根尖病巣

根尖病巣

歯の根の部分にできる病気です。 根尖病巣は、レントゲンで見ると黒く写ります。 根管治療をされている歯や、歯根が割れてしまっている歯、歯周病が原因の歯は根管内で細菌が感染を起こして根尖病巣が出来ることがあります。 ほとんど自覚症状が無いことが多く、レントゲン写真で判断できる場合が多いです。 違和感が起きたり急に痛みがでたりする事がありますが、症例によってはそのまま様子をみる事もあります。 根尖病巣には歯根端切除術が最も有効な治療法です。


トップへ » 根尖病巣


コールバック予約