トップへ » GBR法(骨再生誘導術)

GBR法(骨再生誘導術)

インプラントを埋入する際には十分な骨の幅と高さが必要となるので、GBR法(骨再生誘導術)を用いて骨を再生させます。 歯槽骨の吸収が著しく骨の幅が不足している場合、インプラントを埋入しても、表面が一部露出してしまいます。このような場合インプラントの長期の安定に不安が残り、インプラントの骨の支持が十分ではないので、骨量改善を計るためのGBRを行い、骨補填材を露出部に填入します。 その後、メンブレンという人工膜で覆い、(ただし、骨の状態によっては骨補填材を填入後、メンブレンを置かないこともあります)4~6ヶ月で新生歯槽骨が再生するのを待ちます。これでインプラント治療にも安定した予後が予想できます。 この他にも骨の幅を増やす術式はサイナスリフト、ソケットリフトなど色々あり、それぞれ適応を見極める必要があります。


トップへ » GBR法(骨再生誘導術)


コールバック予約