«  2018年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2018年9月21日

以前は、奥歯の治療と言えば、詰め物もクラウンも銀色の金属が主流でした。今でも銀歯の治療が残っている方も多いのではないでしょうか?

大きく口を開けて笑いたいのに、奥歯にある銀色の詰め物などが気になり、笑えない・・・

そんな方が、奥歯の金属を白い審美的なクラウンに変えたいと言うことが、現在では増えています。

しかし、セラミックのクラウンは、力のかかり方によって割れやすいので、しっかりとしたい噛み合わせの調整や口全体のバランスに十分な配慮が必要です。噛む力がたいへん強かったり、噛み締めや歯ぎしりのある場合は、奥歯のオールセラミックが向かないことも!

奥歯の治療で大切なことは、人口の歯冠が噛む時にかかる力に十分対応できることです。

そのため、金属の裏打ちで補強されており噛む力に対応しやすい「メタルセラミッククラウン」の治療を選択されるケースをおすすめします。

治療後も定期的に、噛み合わせのチェックをしっかりと行い、プロフェッショナルケアで治療を長持ちさせましょう。


『クラウン(差し歯)とは』
ークラウンは「差し歯」とも呼ばれます。でも「差してある」わけではありません。ー


⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら

2018年9月20日

クラウン(差し歯)と言っても、使う材料によって様々です。

保険治療の代表として「硬質レジン前装冠」と自費治療の代表の「オールセラミッククラウン」を簡単に説明します。

●「硬質レジン前装冠」保険

保険の前歯のクラウンと言えば、多くがこの「硬質レジン前装冠」でしょう。

裏側には金属が見えますが、表面は白いレジン(歯科用プラスチック)で覆われています。

欠点は、着色しやすいことです。
丁寧なブラッシングをしていても時間の経過で黄ばんでしまいます。レジンは水分を吸い込むため、食品の着色料がレジンの内部に入り込むためです。またクラウンのつなぎ目に金属の色が出やすいということもあります。


●「オールセラミッククラウン」自費治療

クラウン全体がセラミックでできているため、天然歯にごく近く、自然なツヤ、豊富な色調と共に美しい仕上がりが可能です。またクラウンだけではなく、クラウンを支える土台も金属でないため、メタルフリーであることも、この治療の魅力です。


⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら

2018年9月19日

クラウンは「差し歯」とも呼ばれます。でも「差してある」わけではありません。

身近な治療のわりには、内容は意外と知られていません。
今回はクラウンの仕組みの説明です。

●クラウン治療とは

クラウン治療は、作り物の歯に棒をつけて、なくなった歯の穴に、差してあると思っておられる方も多いのではないでしょうか?
むし歯治療が終わった後、クラウンは、残った天然歯の歯根の上につけます。つまり、歯冠だけ人工物に変わります。歯根はあごの骨のなかに埋まって歯全体を支えている縁の下の力持ちであり、歯根がなくては、歯は生きられないのです。むしろ歯冠を失っても歯根さえ残っていれば、クラウンをその上につけて、自分の歯として、使い続けられます。

●治療された歯根
細菌のおかされた歯質や神経を取り除き、残った歯根の内部をきれいに掃除し消毒したあとに、新たな細菌が入らないように封をします。このように保存された歯根にクラウンを取り付けるための土台を作ります。

●クラウンとは
人口の歯冠です。むし歯などで失ってしまった天然の歯冠(歯ぐきより上部の白い部分)の代わりにつくたれ、治療後に残った歯根の上に接着されています。噛む力をしっかりと支えるためには、周りの歯と調和する強度が必要です。

前歯のクラウンは美しさも重要。

目的や症例に応じて、レジン(歯科専用のプラスチック)や金属、セラミックなどの材料があります。

⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら


2018年9月18日

小さなむし歯なら、コンポジットレジン充填は白く、目立ちません。削る量が少ないのもメリットですが、穴が大きいと治療ができないこともあります。

代表的なむし歯の詰め物をご紹介しましょう。

●コンポレットレジン充填

保険治療 / 自費治療

・歯に浸み込んだ接着剤がレジンとしっかり接着
・接着剤が象牙質を強化し、保護する効果がある
・歯を削る量が少ない
・詰めたところが目立たない
・天然歯と同程度の硬さなので摩耗が自然

☆症例によっては充填が困難、時間が経つと周囲が変色することも。


●メタルインレー(金銀パラジウム)

保険治療

・保険適用で材料の強度が高く、強い噛む力に耐えることができる
・症例の範囲が広い

☆見た目が銀色なので、目立ちます。金属アレルギーの方は使えません。


●ゴールドインレー(金合金)

自費治療

・軟らかくフィットしやすく歯に優しい
・材料の強度が高く、強い噛む力に耐えることができる
・症例の範囲が広い
・金属アレルギーが起きにくい

☆見た目が金色で目立ちます。自費治療なので、かなり高額になりますが、二次虫歯にはなりにくいです。


●セラミックインレー

自費治療

・審美的な仕上がりで、汚れにくく変色しにくい

☆強度をあげるためにある程度の厚みが材料に必要。歯を削る量が多めですが二次虫歯にはなりにくいです。


むし歯の大きさや治療箇所、噛む力の強さなどの応じて、そしてご希望と合わせて選択します。

⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら

2018年9月15日

予防歯科が多くなってきたとは言え、歯科の治療で身近なものは、「むし歯」でしょうか。

お口のなかには、残念ながらすでに詰め物が入っている方の方が多いかもしれません。詰め物の治療を受けた時に「思っていたよりも穴が大きかった」、「小さなむし歯に見えたのに・・・」ということも。

むし歯は、一番外側の硬いエナメル質よりも、その内側にある象牙質で広がりやすい性質があるのです。象牙質は軟らかく「むし歯菌の酸」に弱く、硬いエナメル質が壊れ、内側に入り込むとむし歯は大きく広がります。

そのため思っていたよりも大きい詰め物になるということが起こります。
「できるだけ歯を削らずに、目立たない詰め物にしたい」という気持ちは、歯科医院も患者さまも同じ。現在は、そうした治療法(コンポレットレジン充填)などが、急速に普及しています。


むし歯の大きさによって、様々な詰め物があり、それぞれの特徴があります。
次回はどんなむし歯の詰め物をあるのかをご紹介します。


⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら

2018年9月14日

歯の詰め物は、長くしっかり機能するよう歯にはめ込み、セメントで隙間を埋めたり接着しています。

歯の詰め物は確かに時間が経つと取れやすくなってきます。噛む力が強かったり、歯ぎしりなどで欠けたり削れたりもします。

詰め物が取れた場合、すぐに治療が必要ですが、放置される方も少なくありません。特に奥歯の詰め物が場合は、目立たないせいが、受診が遅れがちです。

そうすると、他の歯の詰め物が続けざまに取れてくることがあります。これは、詰め物を失うことで、噛み合わせが変わってくるからです。

他にも、口内の環境が良好でないため、他の詰め物の下に入り込んだ新しいむし歯が原因で詰め物が取れてしまうこともあります。

人工物の詰め物も、天然歯も時間の経過とともに、変化していきます。定期的な検診(プロフェッショルクリーニング / PMTC)やブラッシング指導で口内環境環境をよくすると、詰め物の持ちもグッとよくなります。
『PMTCって何?

⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら

2018年9月13日

ホワイトニングってつまり漂白ですよね。漂白剤で歯が痛みそうで心配!!

そんなイメージがあるようです。

歯のホワイトニングは、ずいぶん身近なものになったとは言え、
「神経がいたむのではないか」
「歯がしみる?」
「漂白剤だから歯に悪そう」
など、試してみたいけれど、まだ不安がある方も多いようです。


歯のホワイトニング剤は安全性は確認されており、欧米ではドラッグストアで売られているほど、一般的に使われています。
また「歯がしみる」と言われていますが、実際のところ、自宅で行うホワイトニングのホームホワイトニングなら、1日2日で治ります。原因は象牙質の細い管の中の黄色い物質を分解して管の通りがよくなるからだと考えれており、歯が傷んでしみているわけではありません。

欧米のものに比べると、日本製のホワイトニング剤は、低濃度で十分な効果がでるものもあります。

「歯が傷む」という点でむしろ心配なのは、ステイン除去の荒い歯磨き剤で熱心にこすってしまうこと!無理に磨きすぎると歯のエナメル質が薄くなってしまいます。

世界中で日常的に使われているものですので、不安になる必要はありません。

『ホワイトニングには2種類の方法があるのをご存知ですか?』

⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら

2018年9月12日

インプラント治療は失った歯の代わりにインプラントを埋め込み、その上に人口歯をいれがっちり止める固定式のイメージが強いのではないでしょうか。

確かに埋め込んだインプラント体は、あごの骨に埋め込み骨と結合しますので、手術で外したりあごの骨が減らない限り変わりません。しかし、インプラン体の上に付けている上部(人工歯冠)は、臨機応変にパーツを変えることができます。

インプラントを使った固定式のクラウンやブリッジを使用されていて、年を重ね、歯みがきなどの不便が出てきた場合、上のパーツを変えて、お手入れのしやすい入れ歯との組み合わせに変更することができます。

また反対に、着脱式の入れ歯との組み合わせを固定式のブリッジへ変更することもできます。

インプラントの本数が減った場合でも、インプラントは十分に使い道があり、総入れ歯と残っているインプラントとの組み合わせで、総入れ歯の使い道を格段快適にすることができます。関連する記事を読む→『必要最低限の本数でできるインプラント』

ミドルエイジからシニア世代は体の変化とともに、お口の中の状態も変わります。
インプラントは、変化に対応できる治療方法なのです。


*クラウン
冠(クラウン)は、1本の歯全体を覆うようにかぶせる人工の歯。

*ブリッジ
ブリッジとは、無くなった歯(欠損歯)の代わりとなる人工の歯を、両隣の歯にかぶせる冠と一体でつくったもの。


⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら

2018年9月11日

歯周病は、大人の病気というイメージが強いと思います。

ところが近年、若年層の歯周病が増えてきています。以前では考えられなかったことですが、15〜19才では66%以上になんらかの症状が現れていることがわかっています(2005年歯科疾患実態調査)。

最も大きな原因は食生活の変化と考えられており、従来の日本の食卓は、食物繊維が豊富な食材が多く含まれて、唾液が出やすく、口の中を自浄作用が高かったのに比べ、柔らかい食材で噛む回数が減り、また甘いものも豊富になったため、つまり歯垢がたまりやすく、歯周病になりやすい食生活になってしまったためだと言われています。

塾通いや夜更かしで疲れていると、細菌の攻撃に負け、歯周病がはじまってしまいます。

将来、歯が抜けてしまうというようなことがないよう、検診と正しいブラッシングでしっかりとケアしていきましょう。


⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら

2018年9月10日

前回お話した歯や治療に大きな影響が与える睡眠中のブラキシズム(歯ぎしり)。
無意識にするので、見つけにくく、止めるための有効な手段は現状では見つかっていません。

止めたくても止まらないブラキシズムを、抑える方法のひとつとして、良い睡眠をとる(ぐっすり眠る)ことです。例えば、いびきをすると、息が苦しくなるために、たびたび眠りが浅くなり、ブラキシズムも頻繁になります。健やかな眠りは、心身の健康にとっても大切であるのはもちろんですが、ブラキシズムの改善にとっても重要なポイントなのです。

しかしながら生活習慣だけで改善できるとは限りません。
有効な手立ては「スプリント療法」です。歯科医院で歯型に合わせて制作したブラキシズム専用の「スプリント」を寝ている間に装着してもらうという方法です。

ブラキシズム用のスプリントは、スポーツ用のマウスピースとは異なり、ハードスプリントと呼ばれ、形も独特で、歯の噛み合わせ面に当たる部分がフラットにしてあります。
こうすることで下あごが横滑りして、強く咬み込めないようになっています。

歯にかかる力を分散させ、ブラキシズムの被害を劇的に減らすことができる「スプリント療法」を受ける時は、歯科医院に定期的に通い、お口の状態と歯の痛み具合などのチェックをしてもらってください。

⇒大阪(大阪市)のインプラント大阪北浜インプラントセンターホームページはこちら

Categories

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。
大阪北浜インプラントセンター

筒井歯科 大阪北浜インプラントセンター

〒541-0042
大阪市中央区今橋1-8-14
北浜山口ビル3F