no-image

歯が溶けやすい飲食物は?【大阪(大阪市)のインプラントなら大阪北浜 筒井歯科】

前回の記事で「酸蝕歯」についてご説明しました。
今回は酸蝕歯になる原因である、酸性度が強い食べ物についてご紹介します。
私達の普段のお口の中は約pH7(中性)と言われています。
ところがお食事によってお口の中が酸性に傾くと、歯が溶け始めてしまいます。
歯のエナメル質が溶け始める目安がpH5.5ですが、コーラをはじめとする炭酸飲料やスポーツドリンクは、実はこれよりも酸性度が強いです。
下記に市販されている飲食物の酸性度の目安を記載しました。
●pH7(中性)
水、牛乳、ミルクティー、カフェオレ、豆乳
●pH6
緑茶、麦茶、黒烏龍茶
●pH5.5(エナメル質が溶け始めるボーダーライン)
ストレートティー(加糖)、味噌汁
●pH5
トマトジュース、醤油
●pH4
炭酸水、スポーツドリンク、レモンティー、野菜ジュース、
ヨーグルト飲料、ポン酢、ドレッシング、乳幼児向け飲料、経口補水液
●pH3
炭酸飲料、柑橘ジュース、ゼロカロリーコーラ、チューハイ、
梅酒、ワイン、グレープフルーツ
●pH2
コーラ、栄養ドリンク、黒酢原液、レモン
コーラは飲んだ時に酸っぱさは感じませんが、酸味料が含まれています。
酸性度が強いのは意外だと思われる方が多いかもしれません。
また、ドラッグストアなどでよく販売されている健康飲料にも酸性度が強いものがあります。
健康飲料は習慣的に飲むことで効果が得られるものが多いので、健康意識が高く熱心な方ほど歯に大きな被害を受けてしまうことがあります。
それでは、歯を酸蝕から守るにはどのようにすれば良いのでしょうか?
次回はそのコツをお伝えします。
⇒大阪(大阪市)北浜 筒井歯科インプラント専門サイトはこちら

アクセス・診療時間

カウンセリングをおこなっております

「料金はどれくらい?」
「どのくらい期間がかかるの?」
「インプラントにはどんな種類があるの?」

など、インプラントの疑問・質問に無料でお答えします。もちろん無理に治療を勧めることもいたしません。
セカンドオピニオンも受付しております。

大阪(大阪市)、関西でインプラントをお考えであれば、一度ご相談ください。

無料カウンセリングのご予約フォームはこちら

インプラント治療専門 フリーダイヤル

お電話でのご予約も承っております!

0120-703-221
診療時間
9:30〜14:00
15:00〜19:00

※休診日は日・祝日

※土曜PMの診療時間は15:00〜18:00です。

治療の安全性・治療後の美しさ・使い心地を徹底的に追求しています。

医療法人悠生会 筒井歯科

インプラント専門サイト

〒541-0042

大阪府大阪市中央区今橋1-8-14 北浜山口ビル3階

大阪メトロ堺筋線、京阪本線「北浜駅」3番出口徒歩10秒

大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」8番出口より徒歩8分

各線「大阪駅」「大阪梅田駅」より10分