no-image

歯ぎしり・食いしばりは思ったより深刻?【歯を失う原因】

歯ぎしり・食いしばりを習慣的に続けていると、思いもよらぬ悪影響を及ぼすことがあります。
=歯ぎしり・食いしばりによる被害=
①歯が削れてしまう
「歯ぎしりによる悪影響」ときくと、「歯の摩耗」が最もイメージしやすいのではないでしょうか。
歯が削れたり、欠けたりすると、歯の内側にある象牙質や、時には神経がむき出しになってしまうことがあります。
こうなってしまうと刺激が伝わりやすくなるため知覚過敏のリスクが高まったり、その部分から細菌が侵入しやすくなって虫歯のリスクが高まります。
欠けてしまった部分は象牙質を傷めないようにやさしくブラッシングして、虫歯を防ぐことが大切です。
また、硬い金属などの被せ物と噛み合っている歯の場合は、さらに削れやすくなりますので注意が必要です。

②歯周病の悪化
歯ぎしり・食いしばりによる過剰な力は、歯を支えている歯根膜や、歯槽骨などを圧迫させます。
これが歯ぐきに炎症が起きている方(歯周病・歯周炎)の場合、炎症による破壊に加えて歯槽骨がより失われやすくなります。
歯槽骨が失われると、歯が動きやすくなり、最終的に歯が抜けてしまいます。
歯科で歯周病の治療をして炎症をよく取り除いても、歯ぐきの回復を妨げてしまうため、噛みしめる力のコントロールがとても大切です。
力のコントロールのために、歯科でマウスピースを作製できますので、ご相談ください。

③被せ物が壊れる
習慣的な歯ぎしり・食いしばりは、差し歯に焼き付けてある樹脂等が削れたり、割れて剥がれてしまう原因になります。
また、場合によっては被せ物全体が歯から外れてしまうこともあります。
特に、歯ぎしりによって歯の山になっている部分に引っ掛けるような強い力が加わる状態は、せっかく作った被せ物によくありませんし、天然の歯も傷つけてしまいます。
被せ物が壊れてしまった場合は、すぐに歯科医院にご相談ください。

④歯が折れる
虫歯治療などによって、神経を取って被せ物をしてある歯は、なかに芯棒を立てて補強をしてあります。
これにより噛んだ時の耐久性を高めているのですが、金属の芯棒の場合、歯のようにたわむことはないので、歯ぎしりや食いしばりの過剰な力が日常的に加わると、歯は徐々に痛み、ついには折れてしまうことがあります。
歯の根の部分が割れてしまうと、そこから細菌が入り込み、炎症を起こしやすくなってしまうため、抜歯が必要になってしまいます。
金属でない芯棒を使ったり(ファイバーコア)、歯ぎしり・食いしばりの力を分散できるマウスピースを用いるなどで、歯への負担を軽減することができます。

⑤インプラントが壊れる
歯ぎしりや食いしばりの力により、インプラントの上部構造が欠けてしまうことがあります。
こちらは欠けたところを補修したり、上部構造を作り直すことで修理が可能です。
しかし、まれにあごの骨に埋まっているチタン製のインプラント体が折れてしまった場合は修理することはできない為、インプラント体を抜かなければなりません。
筒井歯科では、インプラントの先進国ともいうべきアメリカで治療・研究にたずさわってきた技術でインプラント治療を行っておりますので、
他医院で入れたインプラントが壊れてしまった場合でも、お気軽にご相談ください。

⇒大阪(大阪市)北浜 筒井歯科インプラント専門サイトはこちら

大阪北浜の筒井歯科のアクセス・診療時間

カウンセリングをおこなっております

「料金はどれくらい?」
「どのくらい期間がかかるの?」
「インプラントにはどんな種類があるの?」

など、インプラントの疑問・質問・不安点に無料でお答えします。もちろん無理に治療を勧めることもいたしません。
セカンドオピニオンも受付しております。

大阪(大阪市)、関西でインプラントをお考えであれば、一度ご相談ください。

無料カウンセリングのご予約フォームはこちら

インプラント治療専門 フリーダイヤル

お電話でのご予約も承っております!

0120-703-221
診療時間
9:40〜13:30
15:00〜19:00

※休診日は日・祝日

※土曜日の診療時間は9:30-18:00です。

治療の安全性・治療後の美しさ・使い心地を徹底的に追求しています。

医療法人悠生会 筒井歯科

インプラント専門サイト

〒541-0042

大阪府大阪市中央区今橋1丁目8-14 北浜山口ビル3階

大阪メトロ堺筋線、京阪本線「北浜駅」3番出口徒歩10秒

大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」8番出口より徒歩8分

各線「大阪駅」「大阪梅田駅」より10分

  • 電話で診療・相談のご予約
  • Webでのご予約
  • 大阪・関西でインプラントの治療をお考えの方は、筒井歯科にご相談ください