no-image

歯を失う原因となる『歯根破折』って?【大阪(大阪市)のインプラントなら大阪北浜 筒井歯科】

皆様は『歯根破折』をご存知ですか?
歯根破折とは、文字通り歯の根っこが割れてしまうことです。

神経が生きている健康な歯に起きることはまれですが、
虫歯の治療などを繰り返し、健康な歯質が少なくなっている歯は、強い力を受けたときに破折しやすいと言われています。

歯根破折が起きてしまうと、ほとんどが抜歯をすることになります。
これはなぜかというと、破折した歯は炎症を起こしやすいからです。
破折した歯は裂け目から細菌が入り込んで炎症が起きてしまい、虫歯になったときと同じような状態になります。
放置しておくとその炎症はどんどん広がり、歯根から周りのあごの骨へと広がっていきます。
そうするとあごの骨まで溶けて失われてしまう為、被害を拡大しないためにも抜歯が必要になってしまいます。
しかし割れ方によっては、抜歯をまぬがれるケースもあります。
それは、歯根の割れ方には「縦に割れる場合」と「水平に割れる場合」があるためです。

この割れ方によって、それぞれ治療方法が異なります。
歯が「縦」に割れた場合
歯根破折の中で最も典型的なケースです。
これは虫歯の治療などで神経を取り、歯根の治療をした歯に起きることが多いです。
大きな虫歯治療を行った歯には、被せ物の中に心棒が立てられています。
この心棒は、修復した歯が噛む力を受け止めて働き続けられるよう支えとなるものですので、耐久性を高めるために金属が使われることが多いです。
しかし金属は周りの歯質に比べて硬く、強い力が加わってもしなることはありません。
そのため硬いものを食べたとき等にこの心棒が楔のように働いて、歯を割ってしまうのです。
歯が縦に割れると断面が広く、細菌の汚染も広範囲に及んでしまうことから歯を残しておくことが難しく、ほとんどが抜歯になってしまいます。

歯が「水平」に割れた場合
一方、歯が水平に割れた場合は、縦割れよりも抜歯をまぬがれるケースが多いです。
歯根が比較的健康なまま残っているときは、小矯正(MTM)という方法で歯根を少し引っ張り出し、支台を立てて被せ物をします。
もしくは、あごの骨は健康なので被せ物+インプラントの方法を取ることも可能です。
歯根破折が起きた際には放置せず、炎症による被害を最小限に留めることが、今後の治療の選択肢を狭めないことに繋がります。
なんとなく違和感があって歯科医院に行ったら歯根破折だった、という場合もございますので、歯が少しでも変だな、と感じたらまずは歯科医師にご相談ください。
⇒大阪(大阪市)北浜 筒井歯科インプラント専門サイトはこちら

大阪北浜の筒井歯科のアクセス・診療時間

カウンセリングをおこなっております

「料金はどれくらい?」
「どのくらい期間がかかるの?」
「インプラントにはどんな種類があるの?」

など、インプラントの疑問・質問・不安点に無料でお答えします。もちろん無理に治療を勧めることもいたしません。
セカンドオピニオンも受付しております。

大阪(大阪市)、関西でインプラントをお考えであれば、一度ご相談ください。

無料カウンセリングのご予約フォームはこちら

インプラント治療専門 フリーダイヤル

お電話でのご予約も承っております!

0120-703-221
診療時間
9:40〜13:30
15:00〜19:00

※休診日は日・祝日

※土曜日の診療時間は9:30-18:00です。

治療の安全性・治療後の美しさ・使い心地を徹底的に追求しています。

医療法人悠生会 筒井歯科

インプラント専門サイト

〒541-0042

大阪府大阪市中央区今橋1-8-14 北浜山口ビル3階

大阪メトロ堺筋線、京阪本線「北浜駅」3番出口徒歩10秒

大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」8番出口より徒歩8分

各線「大阪駅」「大阪梅田駅」より10分

  • 電話で診療・相談のご予約
  • Webでのご予約
  • 大阪・関西でインプラントの治療をお考えの方は、筒井歯科にご相談ください