トップへ » よくあるご質問 » 他の治療との違い

インプラントと他の治療方法との違いとは?

症例一覧

失った歯を補う治療には主に、取り外し式の「入れ歯」、固定式の「ブリッジ」、そして「インプラント」の3つの方法があります。そのなかでもインプラントは入れ歯やブリッジの欠点を解決した最も歯に優しく安全性の高い治療法といえます。

インプラント治療とその他の治療方法のメリット、デメリットについてまとめてありますので、その違いを比べてみてください。

  インプラント ブリッジ 入れ歯
安定性 ・安定性がある
・半永久的に使用可能
安定性はあるが限界がある(7〜8年) 調整や作り変えの必要がある
違和感 違和感なし ほぼ違和感なし × 違和感・異物感あり
咬合力 天然歯と同様に咬める ほぼ天然歯と同様に咬めるが、過度な負担は加えられない × ・咬む力は劣る
・過度の負担を加えると隣接する歯への負担が大きく痛みを伴う
審美性 優れている 優れている × 劣る
歯への影響 全く無い × 隣接する健康な歯を削る必要がある × 歯を削る事はないが、バネをかけている歯などへの負担が大きい
治療本数 多くても可能 × 欠損数が多いと不可能 多くても可能
手術 × 外科手術が必要 必要なし 必要なし
治療期間 × 2ヶ月〜1年期間必要 比較的短時間 比較的短時間
経済性 × 保険適用外 保険適用可能
欠損数によっては不可
保険適用可能

インプラントについて

症例一覧メリット
・がたつきや違和感が無く、天然歯と同じ感覚での咀嚼が可能。
・両隣の歯への負担がない。
・顎の骨量の減少を防ぐ。

デメリット
・保険が適用されない。
・手術を伴う。
・治療期間が長い。

ブリッジについて

ブリッジ健康な歯を支柱にし、歯のない部分に橋(ブリッジ)をかけて固定する治療方法。部分入れ歯に比べると安定していて咬む力も回復します。

メリット
・固定式の装着であるため違和感が少ない。
・人工歯の素材によっては天然歯に近い審美性の高い修復が可能。

デメリット
・ブリッジを固定するために、両隣の健康な歯を削る。
・ブリッジを支える歯への負担が大きく、さらなる歯の損失のリスクがある。
・歯肉とブリッジの間に食べ物がつまりやすく不衛生になりやすい。
・空気がもれて発音がしにくい場合がある。
・ブシッジを支えるため削った歯が痛む場合、神経を取る場合もある。

入れ歯について

プロフィール健康な歯に金具を引っ掛けるか、バネを使って固定します。

メリット
・ブリッジでは対応できないような大きな欠損に有効。
・健全な歯を削らずに補うことができる。
・取り外しができて手入れが簡単。

デメリット
・バネによる隣の歯への負担が大きくなる。
・咬む力が天然歯に比べ60~70%程弱い。
・取り外して手入れをする必要がある。
・口の中でズレやすく痛みや違和感を伴う。
・食べ物が挟まって口の中が不衛生になりやすい。
・発音しにくい場合がある。
・選択する素材によっては保険適用外になり高額。

費用について詳しくはこちらをご覧ください。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » よくあるご質問 » 他の治療との違い


コールバック予約