トップへ » 一回法(Single-stage implant)

一回法(Single-stage implant)

一回法とは、インプラント治療に必要な外科処置(オペ)を、一度にすべて行う治療方法のことです。歯肉の切開の回数が一度だけなので、患者さまへの負担が軽い。 インプラント体の埋入オペの後、ヒーリングアバットメント(インプラント頭部の保護、食片圧入の防止、歯肉形成の目的で一時的に使用されるパーツ)を設置します。 ケースによって、一回法.二回法を使い分ける事が重要である。


トップへ » 一回法(Single-stage implant)


コールバック予約