トップへ » 治療技術について » 増骨手術について » 骨再生治療技術

骨再生治療技術


GBR法
GBR法

主に下あごの骨量が少なく高さや幅が足りない場合に行う対処治療方法です。

手術により遮断膜を歯肉の下に入れ、骨よりも成長の早い歯肉が骨の再生を妨げないようにして骨が再生するスペースをつくり、そこに骨補填材を填入し骨を再生(造る)するものです。
この方法により、今まで困難だった骨量が少ない所にもインプラント治療が可能になりました。

サイナスリフト法
サイナスリフト法

主に歯周炎などの影響により、上顎の奥歯の部位(歯槽骨部)の骨の高さが大幅に減ってしまいインプラント治療が行えない、もしくは短いインプラントしか入れることが出来ない場合に行う対処治療方法です。

自己の歯を育てるGBR法とは違い、薄くなった部位の鼻の方、上顎洞(副鼻腔)の底にインプラントが埋め込めるように人口の素材で足りない厚みを補います。

無理に短いインプラントを植立した場合、その安定性など将来的に不安を抱えることになってしまいますので骨の厚みが1~3mmと薄い方にはおすすめしたい治療方法です。

また、サイナスリフト法に対応できる医院は多くありませんが、当院では安心して治療を受けていただくことができますので安心してお任せください。

ソケットリフト法
ソケットリフト法

サイナスリフト同様、人口の素材で骨の厚みを補う治療方法ですが、ソケットリフトは骨の厚みが3~7mm程度で、部分的な少量の補強で対応できる方に行う対処治療方法です。

インプラントを埋入する部分(歯槽骨)から押し上げて人工の骨補填材を入れていくため、横の歯肉を大きく開いて行うサイナスリフトに比べ傷口が小さくて済み、術後の腫れもほとんどありません。

どの骨再生治療を行うかは、必要なインプラント体の長さと、残っている歯の厚みによって医師が判断し、患者さまに最適な術式を提案させていただきます。


トップへ » 治療技術について » 増骨手術について » 骨再生治療技術


コールバック予約