トップへ » 治療技術について » ニューヨーク大学 » インプラントへの誤解を解きたい

インプラントへの誤解を解きたい

インプラントへの誤解インプラント先進国のアメリカに大きく遅れをとる日本のインプラント治療の知識や技術、設備。そんなインプラント治療において最良とは言えない環境の中で、日本では誤った治療やその治療で悩みを抱える患者さまが増加。一時インプラントに対しての誤解や恐怖が先行してしまった時期もありました。

ニューヨーク大学インプラント科でのトレーニング
私はこの日本の状況を改善したいという思いから、最高のインプラント治療技術を求め、アメリカへわたり、世界で最もインプラント治療で有名なニューヨーク大学インプラント科にて6,120時間を超える専門教育とトレーニングを受け、アメリカで多くの臨床経験を積んで参りました。

日本でも世界的水準の最良のインプラント治療を1人でも多くの方に受けていただいきたい。そんな思いで設立したのが、当院、大阪北浜インプラントセンターです。

本来であれば「第3の歯」と呼ばれるほどの優秀なインプラント。高齢化が進む中、永久歯を失ってしまっても、自分の歯となんら変わりなく食事ができる喜びを知っていただくことも、歯科医師にできる社会貢献だと思っています。

またインプラント科アシスタントフェローとしてアメリカにて学会発表を行い、ドクターへのインプラント教育に携わってきた経験から、常に日本におけるインプラント治療を牽引していく組織でありたいと思っています。

セカンドオピニオン、サードオピニオンとして積極的に受け入れを行います
他院での治療に疑問や不満を持つ方についても、セカンドオピニオン、サードオピニオンとして積極的に受け入れを行いご相談にのっていますので、お気軽にお問い合わせください。


トップへ » 治療技術について » ニューヨーク大学 » インプラントへの誤解を解きたい


コールバック予約