トップへ » 治療技術について » 増骨手術について

他の医院でインプラント治療を断られた方もご相談ください

「骨がないためインプラント手術は無理」と診断されたことはありませんか?

増骨手術について

インプラントはあごの骨に埋め込んで固定させるため、土台となる骨が少ない(薄い)と手術ができません。

筒井歯科グループでは骨の再生治療(骨を造る)を行うことで、骨が薄い方にもインプラント治療を受けていただくことができます。他の医院でインプラント治療を断られた方も、骨再生での実績豊富な筒井歯科グループにご相談ください。

骨再生治療技術


GBR法
GBR法

主に下あごの骨量が少なく高さや幅が足りない場合に行う対処治療方法です。

手術により遮断膜を歯肉の下に入れ、骨よりも成長の早い歯肉が骨の再生を妨げないようにして骨が再生するスペースをつくり、そこに骨補填材を填入し骨を再生(造る)するものです。
この方法により、今まで困難だった骨量が少ない所にもインプラント治療が可能になりました。

サイナスリフト法
サイナスリフト法

主に歯周炎などの影響により、上顎の奥歯の部位(歯槽骨部)の骨の高さが大幅に減ってしまいインプラント治療が行えない、もしくは短いインプラントしか入れることが出来ない場合に行う対処治療方法です。

自己の歯を育てるGBR法とは違い、薄くなった部位の鼻の方、上顎洞(副鼻腔)の底にインプラントが埋め込めるように人口の素材で足りない厚みを補います。

無理に短いインプラントを植立した場合、その安定性など将来的に不安を抱えることになってしまいますので骨の厚みが1~3mmと薄い方にはおすすめしたい治療方法です。

また、サイナスリフト法に対応できる医院は多くありませんが、当院では安心して治療を受けていただくことができますので安心してお任せください。

ソケットリフト法
ソケットリフト法

サイナスリフト同様、人口の素材で骨の厚みを補う治療方法ですが、ソケットリフトは骨の厚みが3~7mm程度で、部分的な少量の補強で対応できる方に行う対処治療方法です。

インプラントを埋入する部分(歯槽骨)から押し上げて人工の骨補填材を入れていくため、横の歯肉を大きく開いて行うサイナスリフトに比べ傷口が小さくて済み、術後の腫れもほとんどありません。

どの骨再生治療を行うかは、必要なインプラント体の長さと、残っている歯の厚みによって医師が判断し、患者さまに最適な術式を提案させていただきます。

その他の技術

CTG(結合組織移植術)
CTG

抜歯により痩せて細くなり、へこんだでしまった歯肉の強度を回復させる為に行う治療方法です。上あごの内側から歯肉の一部分を採取し、必要な個所に移植します。

インプラントの機能性と審美性を両立させるためには厚くて丈夫な歯肉が必要です。歯肉が脆弱なままインプラントを入れると、周りの歯よりも長い歯になったり、いびつな形になったりときれいな形態にはなりません。

また、薄く弱い歯肉は十分な清掃がしにくく、インプラントが歯周炎になってしまうリスクが高くなります。

Apico 歯根端切除術
歯の根の先端付近できる根尖病巣と言われる膿や肉芽などをマイクロスコープ(外科手術用顕微鏡外科手術用顕微鏡)とProRootMTAという特殊な薬剤を併用し、直接摘出してきれいにする最新の治療技術です。

日本では歯の根の中に消毒用の薬を繰り返し入れていく根管治療を施すことが一般的ですが、歯の形状や根管の状態によっては奥まで薬を入れることができず病巣を残留させてしまい再発を繰り返してしまうことがあります。

歯根端切除術はそのような場合でも病巣と感染源を直接除去できるため治療回数が1回で済み、根管治療と比べ再発率が非常に低く成功率が著しく高い治療方法です。

根尖病巣は自覚症状が見られない事も多く放置されがちですが、そのままにすると周りの骨を溶かして病巣が拡大し、痛みや腫れを伴います。また健康な隣の歯の神経に感染することもある為、適切に処置をする必要があります。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 治療技術について » 増骨手術について


コールバック予約