トップへ » 治療技術について » 院長自ら治療

【すべての患者さまに院長が治療】責任のインプラントを提供します

当院ではインプラント手術からインプラント補綴までの全治療工程を、院長の筒井隆史が一人で担当します

院長自ら治療

インプラント治療は、最新歯科医療技術の粋を集めた高度総合治療です。
術中も術後も、

●神経や残存歯
●あごの骨
●噛み合わせ
●審美性の維持など

細部にわたる影響を総合的に把握しながら処置していくことが長期的に良好な治療結果を維持することにつながります。

きちんとした知識と経験をもったドクターが、全てのインプラント治療のプロセスを手がけてこそインプラント治療を成功に導くことができます。

執刀医以外のドクターにデータを渡して内容を説明してみても、一人ひとりの患者さまの状況を全て完璧に引き継げるものではありません。

治療において何よりも大切な患者さまの信頼に応えるためにも、医師としても個人としても全責任をもって最初から最後まで治療を担当させていただいております。

インプラント業界の世界的権威「ニューヨーク大学歯学部」で習得した技術と経験

現在、インプラント治療においてはアメリカの方が日本より進んでいます
その為、日本のトップクラスのドクターもインプラント先進国のアメリカで最先端の治療技術を学んでいますが、そのほとんどが短期プログラムのみを受講・修了し「米国○○大学○○コース修了」「△△プログラム修了」という看板を掲げてインプラント治療にあたっているのが現状です。

インプラント治療技術の全領域について研鑽と研究を重ね大学を卒業
ニューヨーク大学しかし、当院長の筒井はインプラント業界の世界的権威かつ全米最大のニューヨーク大学歯学部インプラント科(在籍時の主任教授Dr. Dennis Tarnow)の本科生として入学。同大学でインプラント治療技術の全領域について研鑽と研究を重ね卒業をしております。

在学中は日本からニューヨーク大学の短期コースを受けに来られている日本人歯科医師の先生方の通訳やサポート、また卒業後もニューヨーク大学インプラント科を代表しての国際学会での発表や学生へのインプラント治療の指導にも携わってきた国内でも数少ないインプラントのスペシャリストです。

アメリカに20年の遅れをとる日本のインプラント

アメリカに20年の遅れ日本の医療技術はもちろん素晴らしいですが、アメリカの水準に比べると20年以上の遅れがあります。

歯科医療に限らず「アメリカは世界の科学技術の中心地だ」と言われています。あらゆる分野において世界的な最新の研究結果は、全て英文の論文で発表されるため、英語を母国語としない日本はどうしてもその情報の取得が遅れてしまいがちです。インプラントについての論文も同様で権威のある学会や論文の多くはアメリカに存在しているのが現状です。

歯科という業界は、極めて専門性の高い分野ですので、そういった意味でもこのような学会や論文による知識の違いは、技術面での大きな格差になり得ます。

歯科医師を育てる環境、医療保険制度や歯に対する意識も違う
またアメリカと日本の水準格差は歯科医師を育てる環境、医療保険制度や歯に対する意識(デンタルIQ)の違いといった要素もその原因となっています。

インプラント治療が進化するアメリカの環境

アメリカの環境専門性が強い歯科医療
日本でのインプラント治療は、実はほとんどのケースが、一般歯科のドクターによるものです。そもそも、日本にはインプラント専門の学科自体が、あまり存在しません。

しかし、歯科医学的に最高レベルであると言われているアメリカではインプラント治療はインプラント専門医による施術が一般的であり、一般歯科のドクターによるインプラント治療はほとんど行われておりません。

また専門医制度が発達しており、歯科治療においても各分野の専門医から構成させるチーム医療が一般的です。そのためドクター同士のコミュニケーションが密接であり、互いのレベルや知識の幅を熟知している為、自分の専門外の症状であっても患者さまとって最適なドクターを紹介できる環境が整っています。

不自由な医療保険制度と「予防」に特化した歯科医療の発達
歯を失った場合、日本では自費治療でインプラントをするよりも保険適用内で済むよう、残っている健康な歯を削り、ブリッジや部分入れ歯を施す方法が主な治療であるというのが現状です。

それに対しアメリカでは、歯科治療は全て自由診療ですので保険外治療が基本的であり、ほとんどの治療が自費で行われます。

そのためアメリカでの治療は歯が悪くなる前の「予防」に特化しており、歯を失った場合の治療としても、残っている歯に負担をかける治療よりも欠損している部分にインプラントを埋入し 残っている歯をいかに守るかという考え方が一般的です。

患者さまも歯科医師も治療の質には厳しい目をもっている
また日本では歯が悪くなってから、痛くなってから歯科医院に行くという考え方が多いのに対し、アメリカは一人一人の口腔内に対する意識や知識が非常に高く、多くの人が子供の頃に矯正治療を受けています。実際に乱れた歯並みは虫歯のリスクが高く、それを成人まで放置していると生活レベルが低いと見なされる文化もあります。

高い治療費を負担しなければならないアメリカだからこそ、患者さまも歯科医師も治療の質には厳しい目をもっています。

「Top Down Treatment」という考え方

アメリカに20年の遅れ本来、インプラント治療というものは、失ってしまった歯を取り戻す、いわば"歯をつくる"為に行われる治療です。ところが、日本ではインプラント埋入をゴールにして、肝心の補綴の工程を別のドクターにゆだねてしまう医院が少なくありません。

「インプラント埋入」がゴールではない
インプラント業界には"Top Down Treatment(トップダウントリートメント)"という言葉が存在します。この "Top Down Treatment" とは、「インプラント埋入」を最終目的としてインプラント治療を行ってしまうのではなく、埋入したインプラントの上に、「いかにして最適な歯を作製・装着するか」ということをゴールとした綿密な計画にそって治療をすすめていくことです。

アメリカの歯科医療では目に見えて、審美性に大きく関わってくる最終補綴をインプラント埋入と同等に重要視する"Top Down Treatment" の理念が徹底されています。

インプラント埋入から最終補綴までの治療を一貫して、責任を持って担当
大阪北浜インプラントセンターでは、埋入・補綴どちらに関しても高度な専門性を兼ね備えたドクターが、インプラント埋入から最終補綴までの治療を一貫して、責任を持って担当させて頂いております。

深い技術・知識・経験・センスを駆使したインプラント治療で"噛めるキレイな歯"を手に入れ、皆様に素敵な人生をお楽しみ頂くことが大阪北浜インプラントセンターの願いです。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 治療技術について » 院長自ら治療


コールバック予約