no-image

インプラントはどんな構造なの?【大阪(大阪市)のインプラントなら大阪北浜 筒井歯科】

ご自身の歯を失った時の治療の選択肢として、インプラントがあります。
インプラントとは、ご自身の歯の代わりに、人工の歯根(インプラント)を埋入し、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する画期的な歯科治療法です。
入れ歯よりも機能性や耐久性に優れているだけでなく、あごの骨が減るのを防ぎ、いつまでも若々しい顔立ちを維持することができます。
そんな注目のインプラントですが、皆様はそもそもインプラントがどのような構造をしているのかご存知でしょうか?
今回はインプラントの構造についてお伝えしたいと思います。
インプラントには主に3つの構成要素があります。
①インプラント体
チタンという金属でできており、これがインプラント治療の要とも言えます。
あごの骨の中に埋め込むことで、骨とインプラントがガッチリと結合し、天然歯の歯の根っこの代わりになります。
そうすることで、今まで通り食べ物を噛む力を受け止めることができるのです。
 
②アバットメント
インプラント体にネジ留めされて連結しているパーツで、上部構造の土台となります。
このネジがゆるむとパーツに隙間ができてしまい、細菌が溜まりやすくなったり、上部構造が壊れやすくなってしまうため、定期的なケアが必要です。
③上部構造
いわゆる「歯」の代わりをする部分です。
材質はセラミックスやジルコニア、レジンなどがあります。
歯の代わりであるため最も消耗しやすい部分ですが、摩耗したり欠けたときは修復や交換が可能です。
筒井歯科では①~③それぞれ患者様の状態に合わせたタイプのものを使用させて頂いております。
特にインプラント体のチタンにつきましては、最も有名なブローネマルク製のものをはじめとする十数種類の中から患者さま一人ひとりに合わせたインプラントをお選び致しますので、お気軽にご相談ください。
⇒大阪(大阪市)北浜 筒井歯科インプラント専門サイトはこちら

アクセス・診療時間

カウンセリングをおこなっております

「料金はどれくらい?」
「どのくらい期間がかかるの?」
「インプラントにはどんな種類があるの?」

など、インプラントの疑問・質問に無料でお答えします。もちろん無理に治療を勧めることもいたしません。

大阪(大阪市)、関西でインプラントをお考えであれば、一度ご相談ください。

無料カウンセリングのご予約フォームはこちら

インプラント治療専門 フリーダイヤル

お電話でのご予約も承っております!

0120-703-221
診療時間
9:30〜14:00
15:00〜19:00

※休診日は日・祝日

※土曜PMの診療時間は15:00〜18:00です。

治療の安全性・治療後の美しさ・使い心地を徹底的に追求しています。

医療法人悠生会 筒井歯科

インプラント専門サイト

〒541-0042

大阪市中央区今橋1-8-14 北浜山口ビル3F

大阪メトロ堺筋線、京阪本線「北浜駅」3番出口10秒

大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」8番出口より徒歩8分

各線「大阪駅」より10分