トップへ » 医療費控除制度

医療費控除制度

医療費控除制度とは1年間(1月1日から12月31日まで)に医療費として 支払った金額が10万円を超えた場合(200万円を上限とする)、 確定申告の際に医療費控除として所得控除の対象となり、 支払った医療費の一部が還付される制度のことをいいます。 医療費控除を受けるには確定申告を行う必要があります。 また、申告には領収書が必要となりますので、お渡しする領収書は大切に保管してください。


トップへ » 医療費控除制度


コールバック予約