トップへ » ドクターについて » スタッフ紹介 » 歯科衛生士 S.U

歯科衛生士 S.U

患者さんとのエピソード
性別:女性 
年齢:50代 
職業:自営業

どんな悩み・主訴を抱えて来院されましたか?
詰め物がダツリ(外れた)したため来院されました。口腔内がボロボロ(数ヶ所のダツリ)のため、これを期に見えやすい前歯部を中心に本腰を入れて、きれいに治療していきたいとご要望されました。補綴物が必要になるようなら、費用が多少かかってもよいので、審美性の高いものを希望されました。

どんな解決策を提案しましたか?
ある程度の費用がかかってもよいとのことだったので、審美面を重視して最も目立つ上顎の左右1番はオールセラミックのクラウンを提案しました。また、ホワイトニングにも興味があるとのことだったので、自身のペースで進めていきやすいホームホワイトニングをおすすめし、シェード(歯の色)落ち着くのを待って、臼歯部の治療から行いました。

上記の対策を提案・実行した結果、患者さんはどんな風になりましたか?
また、印象に残っている言葉があれば、具体的に教えて下さい。

まずは気にされていた上顎左右1番を仮歯におきかえ、比較的早い段階でホワイトニングを始めました。シェードが気になり毎日鏡を見られた様で、同時に口腔内にも関心を持ってもらうことができた様子でした。
ホワイトニングには後戻りが付きものなので、それをご説明したところ、定期検診の動機付けにもなりました。


トップへ » ドクターについて » スタッフ紹介 » 歯科衛生士 S.U


コールバック予約