トップへ » よくあるご質問 » インプラント症例 » 症例19:噛むときに違和感があり、神経がなくなってしまった歯があるという状態(男性)

症例19:噛むときに違和感があり、神経がなくなってしまった歯があるという状態(男性)

≪ビフォー写真≫
症例
時々、噛むときに違和感があり、神経がなくなってしまった歯があるという状態。今ある歯をシッカリ残したい、ということで、他の歯に負担をかけない治療であるインプラントを選択。

≪アフター写真≫
症例
治療後は、腫れはなし。治療後は、「天然の歯と同じように、食事を楽しめている」という感想を頂きました。

症例一覧TOPに戻る

トップへ » よくあるご質問 » インプラント症例 » 症例19:噛むときに違和感があり、神経がなくなってしまった歯があるという状態(男性)


コールバック予約