トップへ » よくあるご質問 » インプラントとは?

インプラントについて教えてください

インプラント

インプラントとは虫歯や歯周病、事故など何らかの理由で失ってしまった自分の歯の代わりに、人工の歯根(インプラント)を埋入し、その上に人工の歯を作製して噛み合わせを回復する画期的な歯科治療法です。

インプラント機能性と審美性はもちろん安定性にも優れ、入れ歯や義歯の様なガタつきを気にせず、固い物でも自分の歯と変わりなく食べることが可能です。また、安全性、耐久性についても優れているだけでなく、歯の欠損によるあごの骨量減少を防ぎいつまでも若々しい顔立ちを維持することができます。

インプラントの構造

インンプラントは3つの構成要素があります。

●1つ目は、アゴの骨の中に埋め込まれ歯根の代わりとなるインプラト体。
●2つ目は、インプラント体に結合されている歯の土台となるアバットメント。
●3つ目は、いわゆる歯の部分になる上部構造。

それぞれ、患者さまの状態に合わせ様々なタイプのものが使用されております。

フィクスチャーインプラント体(フィクスチャー)
歯根に相当するもので、骨と結合し歯を支える部分です。

歯槽骨の中に直接埋められる部分で、チタンかチタン合金で作られているものが主流です。太さは約4mm程度、長さは約1cm程度のものが多いですが、症例によって様々な形状のものを使い分けます。

また、インプラント体の中でも、歯を乗せる土台(アバットメント)の接合部をプラットフォームと呼びます。

アバットメント土台(アバットメント)
インプラント体に装着し、上部構造を支える支台装置がアバットメントです。設計によって様々な種類があります。こちらの素材も通常はチタンやチタン合金が使用されておりますが、セラミック製のものもあります。

かぶせ物かぶせもの(上部構造)
外から「歯」として見える部分で天然歯の歯冠に相当します。骨のサイズ、量、形態に合わせて様々な形のインプラント体が準備されています。 天然歯と同じく、歯根部と歯冠部が存在する治療法のため、しっかり噛める美しい歯を回復することができます。

チタンについて

チタンインプラント体の素材であるチタンは他の素材と違って生体組織において異物とみなされず、骨としっかり結合し金属アレルギーの方も安心して使用できるという性質を持っています。

また、その性質によって歯槽骨に埋入された後、オッセオインテグレーション(チタンと骨が強固に結合すること)によって、アゴの骨と徐々に馴染んでいきます。

このチタンの特殊な安全性は近代のインプラント治療の発展を導いたスウェーデンのブローネマルク博士により発見されました。

当院では最も有名なブローネマルク製のものをはじめとする十数種類の中から患者さま一人ひとりに合わせたインプラントをお選び致します。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » よくあるご質問 » インプラントとは?


コールバック予約