トップへ » 設備と機材 » 治療後に予想される問題点 » 他院でインプラント治療をされたが満足されていない方へ

他院でインプラント治療をされたが満足されていない方へ

アフターケア

当センターでは、"他院でインプラント治療を受けたが、様々なトラブルを抱えて"来院される方も多いのが実情です。インプラント治療に満足いかず、且つ問題を抱えられているということは我々大阪北浜インプラントセンターといたしましても、心が痛むことでございます。ただその原因をしっかりと突き止めることで、トラブルからの回復を図ったり、満足いく状態に変えることが可能なのです。

【代表的な問題点】
Case 1. インプラントが抜け落ちてしまった、インプラントが揺れている
Case 2. 歯を入れたが見た目が気に入らない、歯の位置が不自然だ
Case 3. せっかく入れた歯が割れてしまった
Case 4. インプラントを入れた後噛みにくくなった

Case 1. インプラントが抜け落ちてしまった、インプラントが揺れている
・原因
インプラント自体が折れてしまっている。インプラントの周囲の骨が細菌感染により溶けてしまっているため、インプラントを支えることが出来なくなっていたり、噛むことができなくなっています。
・対処方法
細菌感染が起こっている場合はしっかりとした清掃によって進行を抑えられる場合と、再手術によってインプラント周囲の骨を復活させる場合があります。周りの骨が大きく無くなってしまっている場合は、骨が再度回復することは無いため、一度インプラントを撤去し、再度埋入し直す必要があります。

Case 2. 歯を入れたが見た目が気に入らない、歯の位置が不自然だ
・原因
骨の中のインプラントの位置自体がおかしい場合や、製作中のエラーでインプラントの上の人工の歯(上部構造)が整っていないことがあります。
・対処方法
インプラントの上部構造のやり直しによって解決することができますが、インプラントの位置が大きくズレてしまっている場合は再度インプラントの位置を設定し直し、再度埋入する必要があります。

Case 3. せっかく入れた歯が割れてしまった
・原因
噛み合わせが強く割れてしまう場合や歯を作るスペースが足りないことが考えられます。
・対処方法
一度上部構造のみを新生すれば再度インプラントを使うことが可能です。

Case 4. インプラントを入れた後噛みにくくなった
・原因
インプラントの上の人工の歯(上部構造)の高さが調整の段階で高くなっている、もしくは低くなっている場合が考えられます。
・対処方法
高さの調整をし、それでも噛みにくい場合は上部構造のみを取り替えます。

インプラント手術はしっかりとした、情報と資料があれば決して失敗するものではありません。まずはあなたのお口の中の状態を目に見えない所までしっかりと把握する必要があります。特に昨今問題になっているインプラントのトラブルについては、当医院では三次元に口腔内を再現出来るCTを完備しており、手術に必要なお口のデータをしっかりと分析した上で施術が受けられます。あらかじめ手術後の状態が予測出来るため、非常に安全な施術が受けられます。また最終的な歯の形についても、高い技術を持ったドクターが歯肉の形を作り、高い技術を持った技工士が歯を制作するため、見た目にも問題の無い完成度の高いインプラント手術が受けられます。


トップへ » 設備と機材 » 治療後に予想される問題点 » 他院でインプラント治療をされたが満足されていない方へ


コールバック予約