トップへ » 設備と機材 » リカバリとセカンドオピニオン

インプラントのセカンドオピニオン、リカバリについて

「他院で骨が薄いため、インプラントは不可能と言われた。」
「前歯なので難しいと言われ、何医院か廻ったが全て断られた。」

セカンドオピニオン

当院には上記のような理由でセカンドオピニオンに訪れる患者さま、また難症例のケースでは歯科医院の先生方からのご紹介でいらっしゃる患者さまが数多くいます。

難易度の高い前歯のインプラントを多くの医院で断られ、当院にいらした若い患者さまも当院の治療で非常に綺麗な歯並みを取り戻されました。

「諦めていたのにこんなに綺麗にして頂いて!」という嬉しいお言葉
「諦めていたのにこんなに綺麗にして頂いて!」という喜びの声を聞く度に、インプラント治療を通じて一人でも多くの患者さまの笑顔と以前の生活を取り戻し、今まで培った知識や経験、技術を通じて広く社会に貢献していくことこそが、私ども医療人としての使命であると強く感じます。

当院にはニューヨーク大学インプラント科を卒業し、6120時間以上の教育を受け、また教員として1000時間以上に及ぶドクターへの指導を行ってきた歯科医師が2名おります。

全身状態において手術自体が禁忌の方を除き、どのような難症例のケースにもご対応することが可能です。

また、現在もインプラントの専門学科のあるニューヨーク大学から、最新のインプラントの技術・情報を受け連携を図りながら、よりよい治療のための進化を続けています。

治せないと言われ続け、もう自然に笑うこと、周りの方と楽しく一緒に食事をすることを諦めかけていた方も、ぜひ一度当院にご相談ください。

他院でインプラント手術受け悩まれている方へ

セカンドオピニオン他院で治療を失敗してしまった方、現在のインプラントに不具合を感じる方も、もう一度、インプラント治療を検討してみませんか?

当院には再診断・再手術を求めて来られる患者さまも多くいらしゃいます。

そのような患者さまに、当院を選ばれたのかをお伺いすると、インプラントの先進国ともいうべきアメリカで治療・研究にたずさわってきた、その技術に期待してとのお声を多数頂きます。

「日本のインプラント技術は以前に身をもって体験しました。だからここに来たのです」
一度他院でインプラント手術を受けられた患者さまの中には「現在の日本のインプラント技術は以前に身をもって体験しました。だからここに来たのです。やはりインプラント治療はアメリカの技術の方が進んでいる事を実感しました。」とおっしゃる方もいらっしゃいました。

患者さまお一人お一人の顔が違うように顎の骨の高さ、幅、密度、柔らかさなども人それぞれ。粘膜の状態や血管、神経の巡りなどについても同じ方などいません。だからこそ、インプラント治療には、ありとあらゆる状況やケースに対応ができる技術と判断力が必要とされてきます。

インプラントは、これからのご自身の歯として生きていく上で一生付き合っていく大切な"第二の歯"です。また、決して安くはない治療費を負担していただくからこそ、患者さまには技術や医院選びをしっかり見極めて頂きたいと切に願います。

"噛む"ことを諦める必要はありません
当院長は、インプラント治療の世界的権威、デニス・ターナー (Dennis P.Tarnow)のもとで、インプラントの治療・研究にたずさわってきました。そこで得た最先端の技術・知識・経験をもとに、日本人に向けのより細やかな診断・治療を提案しています。

"噛む"ことを諦める必要はありません。
もし、現在のインプラントに疑問を感じられるのなら、ぜひ当院にご相談ください。

カテゴリー一覧

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

トップへ » 設備と機材 » リカバリとセカンドオピニオン


コールバック予約