トップへ » 治療技術について » 無痛治療について » 静脈内鎮静法の流れについてご説明をします

静脈内鎮静法の流れについてご説明をします

事前の体調のチェック
まず事前にの体調のチェックを行います。まず担当の歯科医師から体調についての質問をさせて頂きます。不安や疑問点などがある場合は、この際に確認をお気軽にお聞きください。

next

施術の開始
施術の開始を開始します。血圧計や心電図など生体モニターを使用します。これらの装置は、治療中の体調管理に欠かせない重要なものです。

next

点滴の注入
準備がしっかりとできると、点滴が注入されていきます。注入して1~3分程度で意識がぼんやりとしてきます。中には、そのまま眠ってしまう方もいます。

静脈内鎮痛法はリラックス作用に優れている反面、鎮痛効果は不十分です。場合によっては、局所麻酔を行います。その後、十分に効果があらわれたことを確認した上で治療がスタートです。

next

術後の注意点
治療後は、眠気が残ったり、体がふらついたりすることがあります。そのため、しばらく安静にしてから帰宅することになります。

また、自動車や自転車の運転はおやめください。徒歩や公共機関での通院をお願いします。


トップへ » 治療技術について » 無痛治療について » 静脈内鎮静法の流れについてご説明をします


コールバック予約