トップへ » 治療技術について » 院長自ら治療 » インプラント治療が進化するアメリカの環境

インプラント治療が進化するアメリカの環境

アメリカの環境専門性が強い歯科医療
日本でのインプラント治療は、実はほとんどのケースが、一般歯科のドクターによるものです。そもそも、日本にはインプラント専門の学科自体が、あまり存在しません。

しかし、歯科医学的に最高レベルであると言われているアメリカではインプラント治療はインプラント専門医による施術が一般的であり、一般歯科のドクターによるインプラント治療はほとんど行われておりません。

また専門医制度が発達しており、歯科治療においても各分野の専門医から構成させるチーム医療が一般的です。そのためドクター同士のコミュニケーションが密接であり、互いのレベルや知識の幅を熟知している為、自分の専門外の症状であっても患者さまとって最適なドクターを紹介できる環境が整っています。

不自由な医療保険制度と「予防」に特化した歯科医療の発達
歯を失った場合、日本では自費治療でインプラントをするよりも保険適用内で済むよう、残っている健康な歯を削り、ブリッジや部分入れ歯を施す方法が主な治療であるというのが現状です。

それに対しアメリカでは、歯科治療は全て自由診療ですので保険外治療が基本的であり、ほとんどの治療が自費で行われます。

そのためアメリカでの治療は歯が悪くなる前の「予防」に特化しており、歯を失った場合の治療としても、残っている歯に負担をかける治療よりも欠損している部分にインプラントを埋入し 残っている歯をいかに守るかという考え方が一般的です。

患者さまも歯科医師も治療の質には厳しい目をもっている
また日本では歯が悪くなってから、痛くなってから歯科医院に行くという考え方が多いのに対し、アメリカは一人一人の口腔内に対する意識や知識が非常に高く、多くの人が子供の頃に矯正治療を受けています。実際に乱れた歯並みは虫歯のリスクが高く、それを成人まで放置していると生活レベルが低いと見なされる文化もあります。

高い治療費を負担しなければならないアメリカだからこそ、患者さまも歯科医師も治療の質には厳しい目をもっています。


トップへ » 治療技術について » 院長自ら治療 » インプラント治療が進化するアメリカの環境


コールバック予約