トップへ » 治療技術について » 院長自ら治療 » インプラント業界の世界的権威「ニューヨーク大学歯学部」で習得した技術と経験

インプラント業界の世界的権威「ニューヨーク大学歯学部」で習得した技術と経験

現在、インプラント治療においてはアメリカの方が日本より進んでいます
その為、日本のトップクラスのドクターもインプラント先進国のアメリカで最先端の治療技術を学んでいますが、そのほとんどが短期プログラムのみを受講・修了し「米国○○大学○○コース修了」「△△プログラム修了」という看板を掲げてインプラント治療にあたっているのが現状です。

インプラント治療技術の全領域について研鑽と研究を重ね大学を卒業
ニューヨーク大学しかし、当院長の筒井はインプラント業界の世界的権威かつ全米最大のニューヨーク大学歯学部インプラント科(在籍時の主任教授Dr. Dennis Tarnow)の本科生として入学。同大学でインプラント治療技術の全領域について研鑽と研究を重ね卒業をしております。

在学中は日本からニューヨーク大学の短期コースを受けに来られている日本人歯科医師の先生方の通訳やサポート、また卒業後もニューヨーク大学インプラント科を代表しての国際学会での発表や学生へのインプラント治療の指導にも携わってきた国内でも数少ないインプラントのスペシャリストです。


トップへ » 治療技術について » 院長自ら治療 » インプラント業界の世界的権威「ニューヨーク大学歯学部」で習得した技術と経験


コールバック予約