トップへ » 治療技術について » 院長自ら治療 » アメリカに20年の遅れをとる日本のインプラント

アメリカに20年の遅れをとる日本のインプラント

アメリカに20年の遅れ日本の医療技術はもちろん素晴らしいですが、アメリカの水準に比べると20年以上の遅れがあります。

歯科医療に限らず「アメリカは世界の科学技術の中心地だ」と言われています。あらゆる分野において世界的な最新の研究結果は、全て英文の論文で発表されるため、英語を母国語としない日本はどうしてもその情報の取得が遅れてしまいがちです。インプラントについての論文も同様で権威のある学会や論文の多くはアメリカに存在しているのが現状です。

歯科という業界は、極めて専門性の高い分野ですので、そういった意味でもこのような学会や論文による知識の違いは、技術面での大きな格差になり得ます。

歯科医師を育てる環境、医療保険制度や歯に対する意識も違う
またアメリカと日本の水準格差は歯科医師を育てる環境、医療保険制度や歯に対する意識(デンタルIQ)の違いといった要素もその原因となっています。


トップへ » 治療技術について » 院長自ら治療 » アメリカに20年の遅れをとる日本のインプラント


コールバック予約